デトックスの好転反応

デトックスの好転反応

体内に蓄積していた老廃物や毒素が多い場合、好転反応を起こす場合があります。
好転反応とは、デトックスの効果により体が良くなる際に現れる症状です。

 

具体的には、頭痛やニキビ、便秘などの症状があります。

 

この好転反応に驚き、自分にはこのデトックス方法は合わないのではないかと思い、使用を中止してしまうこともあるでしょう。好転反応の場合、およそ1ヶ月程度で症状が無くなり、デトックス作用で快便になりお肌もスベスベになって行き、頭痛などの体調不良もなくなるでしょう。

 

かと言って、それが好転反応か見極めるのが難しかったり、頭痛など耐え難い症状が出る場合もあります。この場合、デトックスに使っているお茶や酵素等の量を減らして様子を見てみましょう。好転反応で不調が起きていた場合、少量から体を慣らしていけばツラさも半減します。急激にデトックスするよりは好転反応も緩やかなので楽でしょう。

 

好転反応は3段階になっています。

 

まず、新しく入ってきた物質に刺激を受けたことにより反応し、便秘もしくは下痢、だるさ等につながります。次の段階は、体内細胞が活性化され、デトックスが始まると、ニキビや湿疹等が出たりします。最後に体の回復効果でデトックス前にスムーズではなかった血液循環が活発になり頭痛や胃痛、時には発熱なども起こします。

 

好転反応は個人差があり、ほとんど感じない方もいれば、強い方もいます。

 

およそ1ヶ月も経てば症状が消えます。好転反応に耐えられずにやめてしまっては、
本当に勿体無いので体が良くなっている証拠だと前向きに捉えて乗り切りたいものです。